動画にコメントがつく

家庭においてスマートフォンやデジタルカメラが普及し、誰でも動画が作成できるようになりました。
さらに、その動画作品をインターネット上にアップして世界中の人に閲覧してもらうこともできます。
ある動画サイトでは、動画再生中に閲覧者がコメントを自由につけることができ、そのコメントは誰でも見ることが可能です。
たとえば、版権フリーの曲をカラオケで歌っている声や様子を動画として投稿するとコメントがつき、「声量が足りない」や「ここのビブラートが弱い」というように閲覧者に評価をしてもらうことができます。
投稿者はこのコメントを見て歌の練習に活かしたり、次回作品の参考にしたりします。
また、ダンスの動画を投稿した際は手足の動きをダンスのプロの人に無料でチェックしてもらえるケースもあるのです。
もちろん、評価を下す人の能力は様々なので、どこまで信用するかの判断は難しいものになります。
あまりにもひどいコメントを残す人がいる場合は書き込めないようにすることもできますので、そのような機能を有効に活用するとよいです。
また、人気のある投稿者の動画作品には、動画を彩る弾幕と呼ばれるデコレーションをつけることができ、動画の完成をねぎらうこともできます。

ページのトップへ戻る